立呑 京橋 高野酒店


今回は会社帰りの21時から京橋を徘徊。実は京橋の立ち呑みは1度しか行ってないことに気づいて、これはイカン!と一念発起21時から繰り出したのだ

京橋から昔の片町駅方面へ、裏通りを歩く。裏通りもそれなりにおもしろそうなバーや居酒屋が並ぶが、目当ては、立ち呑み 角打ちだ。

交差点のちょうど真向かいにあるのが、高野酒店。かなり気合の入った昭和ないでたちに、ちょっとひるんだが、突入。店の半分は、テーブルと椅子も一部あるグループ用の席で、もう半分がカウンター。もちろん、カウンターへ。おじさん方が4名淡々と飲んでいる中へ突入。荷物も置いてないのに、「何します?」う、メニューがねえぞ。じゃ、生で。中?、あ、それで。先制パンチで、かなり消耗

あては、いろいろ並んでいるのだが、悩んでいると、生中登場、と同時に、今あるのは、あれと、それと、ほげと、どげと・・・ いろいろ言ってくれたんだけど、よぉわからんぞ。じゃ イカ刺で。イカは旨かった。

昭和な角打ちです。京橋から近いのでいいかも

立呑 京橋 高野酒店
2011年07月29日
角打 キャパ 40人 親父度 100% 生中 400円 大瓶 不明
17~22(平日)
大阪市都島区片町2丁目7-57

立呑 京橋 高野酒店

立呑 京橋 高野酒店


About Take-chan

Administrator of this web site
This entry was posted in 京橋, 立呑 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。