立呑 新橋 吟


さて、どうするか?事前チェックの店を廻るか、それとも・・・ てなわけで、未チェックだが、ディープなエリアと聞いていた新橋駅前ビルへ。

大阪駅前ビルをイメージしていたが、意外にも小さめのビル。その地下は・・・これは、なかなかディープ。駅前第一ビルは、妙に広い通路に両端に、小さな店、それも3畳くらいしかないように見える小さな店が立ち並ぶ。駅前第2ビルは、狭い通路に、また同じように小さな店がぎっしり立ち並ぶ。大阪では見かけないようなコバコの密集地帯である。

店を迷って、かなりうろうろしたのだが、結局、第1ビル入ったところの大き目の店「吟」へ。小さい店は、店の人との距離が近いから、一見だと入りにくい。常連さんでいっぱいだと割り込むのも気がひける。

ここは、セルフのお店。自分で取りに行って、金を払って、自分で返す。日本酒がいっぱいある。今日は、ビールしか飲んでなかったので、ここは日本酒で。銘柄忘れたが、目についた特別純米酒を。油っぽいものが欲しかったので、軟骨唐揚をば。作りおきをチンするのはイマイチだが、こういう店なら仕方ない。日本酒はなかなかおいしかった。

グループ客が多かったので、一人で静かに呑んで退散。

立呑 新橋 吟
居酒屋 キャパ 30人 親父度 95% 生中 350円 大瓶 480円
16:30~23:00 休み 土曜・日曜・祝日
東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 B1F
セルフ、新橋駅前第一ビル地下

立呑 新橋 吟

立呑 新橋 吟


About Take-chan

Administrator of this web site
This entry was posted in 東京, 立呑 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。