立呑 初芝 おかわり


初芝と聞いても、ピンと来ない人が多いのではないかと思うが、堺の南海高野線の、中百舌鳥から少し行ったところの小さな駅である。ボクがバイブルにしている「酩酊大阪八十八カ所」に紹介されている立呑屋がある。今日は、この本で紹介されている堺方面の店の探索に来た。

初芝駅を降りると、ロータリーからすぐ見えるところに「おかわり」はある。大きな看板が目印。看板は大きいのだが、間口は狭く、ドア一つ分、ドアをあけて中に進むと、こじんまりした立呑屋が現れる。沖縄出身の大将は沖縄出身で、沖縄料理も出すところが売りである。この後の都合もあるので、この日は生中と、沖縄料理ってことで「ゴーヤのてんぷら」を頂いた。ゴーヤ自体はひどく苦いのがあったりして、あまり好きではないのだが、ここのは上品な苦さで美味しかった。

常連さんとおぼしき4人くらいがたのしげに呑んでいる。壁には、「酩酊大阪八十八カ所」の新聞記事(この本は毎日新聞大阪面の記事をまとめたものなのです)。これをネタに、この本見て、枚方から来た話をした。大将、天満も行かれるようで、「大安」最高とのこと。同感。

次があるので、今日は一杯だけで退散。常連さんも見送ってくれた。いい店にはいい客がいるよね。

立呑 初芝 おかわり
居酒屋 キャパ 12人 親父度 100% 生中 450円 大瓶 550円
15:00~24:00 休み 不定休
大阪府堺市東区日置荘西町2-3-16
沖縄料理

立呑 初芝 おかわり

立呑 初芝 おかわり


About Take-chan

Administrator of this web site
This entry was posted in 大阪その他, 立呑 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。