立呑 大阪城北詰 なかを酒店


活力屋を出て、京橋方面へ歩く。寝屋川を越えて、少し行くと、右手にライトアップされた大阪城が見える。

大阪城 夜景

大阪城 夜景

そのすぐ先が、なかを酒店である。写真では単なる酒屋に見えるが、角打で、左手奥の方の一角が飲むスペースになっている。

立呑 大阪城北詰 なかを酒店

立呑 大阪城北詰 なかを酒店

20時45分くらいだったのだが、入った途端に「9時までやから1杯くらいしかあかんで」最初にはっきり言ってくれた方が助かりますね。店員は、お姉さんと、お姉さんと、お姉さんって書くとなにがなんだかわかりませんが、親子3代のお姉さんがやってるみたい。カウンター脇に日本酒が入った冷蔵庫があるので、そこから、菊水 ひやおろしを頂く。白い大振りの猪口にたっぷり注いでくれた。閉店間際なので、手間のかからないものがいいかと思って、「竹ちくわ」を頼んだら、炙って出してくれた。手間かかっちゃいましたね。すまにゅ。

閉店間際で、客は他に一組で寂しかったけど、日本酒は美味しく、値段も安く、またお気に入りの店ができました。今日の勘定は500円。勘定は自分で書いて持っていくので、最初とまどうかもしれませんが、女将さんに尋ねたら親切に教えてくれますので、ご安心を。

今度はもっと早くに来るようにしよう。

立呑 大阪城北詰 なかを酒店
角打 キャパ 25人 親父度 80% 生中 400円 大瓶 450円
平日 17:00~21:00 土曜 16:00~20:00 休み 日曜・祝日、土曜不定休
大阪市都島区片町1-6-22


About Take-chan

Administrator of this web site
This entry was posted in おすすめ, 大阪その他, 立呑 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

One Response to 立呑 大阪城北詰 なかを酒店

  1. Pingback: 立呑 天満橋 活力屋~かまやつひろし風大将の料理が美味い天満橋の名店 | 各駅停車の立呑屋巡り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。