立呑 京橋 明けごころ洋食店


次は、角打に行こう。「おかの」は残念ながら既に閉店。「岡室酒店」は今日はお休みのようだ。うろうろしていると、H氏は女性の匂いを嗅ぎつけて地元に戻るという。仕方がなく(いや、願ったりか?)M女史と二人になる。「何がいい?」 「ワイン系かな?」 じゃ、「明けごころ洋食店」だ。前回はこちら。こんなにシラフで行くのは初めてかも。

立呑 京橋 明ごころ洋食店

立呑 京橋 明ごころ洋食店

「こんばんは」 「お久しぶり」 大将覚えてくれていたようだ。確かに、過去2回へべれけで、コップ割ったり、箸落としたり、粗相したからな~「申し訳ありませぬ。」 赤ワインデキャンタ(半分)、チーズカリカリ焼き、若鳥たたきを頼む。途中、予約客用に作っていた「なんとかのほほ肉のなんとか」が無性に美味そうだったが、今日はもうないという。残念。

赤ワインデキャンタ。500mlくらいだそうだが、2人で呑むと結構廻るね。だいぶへべれけになって帰宅の途に着く。夏休みも終わり。M女史、なんども飲んだくれに付き合ってくれてありがとう~

立呑 京橋 明ごころ 洋食店
居酒屋 キャパ 20人 親父度 40% 生中 不明 大瓶 不明
[月~土] 17:00~24:00(L.O.23:00) 休み 但し、隔週で日曜休日
大阪市都島区東野田町3-10-19 サンピアザビル1F
椅子つき個室あり。


About Take-chan

Administrator of this web site
This entry was posted in 京橋, 立呑 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

3 Responses to 立呑 京橋 明けごころ洋食店

  1. M女 says:

    いろんなお店に連れて行ってもらって、いつもありがとー
    ほほ肉のん、食べたかったなぁ。一個つまんで逃げたかった~
    また行きましょう!

  2. Pingback: 立呑 京橋 明けごころ洋食店 | 各駅停車の立呑屋巡り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。