立呑 天満 稲田酒店


電撃ホルモンツギヱ」を出て、次は、角打ちへ。今のところ、帰る人もおらず、6人・・・入れるかなぁと思いながら、天五中崎町商店街へ。結構、へべれけ。

立呑 天満 稲田酒店

立呑 天満 稲田酒店

心の無いベーシストH氏の下ネタも磨きがかかる。商店街には行ってすぐのこちら「稲田酒店」。昭和の香りを残しつつ。美味しい日本酒のお店だ。いつも満員。常連さんに席を移ってもらって、奥のテーブル席を確保。以前の天満ツアーもこの席だったな。

ここの日本酒は一合と半分を選べる。皆、半分を選ぶ中。一人だけ、一合頼んでる人がいる。誰とは言わないが・・・結構、みな酔っ払いになってきた。ボクが知ってる顔なじみの常連さんを店の人と思いこんでる・・・ ま、いいか、笑ってくれてるし。ここの日本酒はどれも美味しくて、女将さん、好みを言えば、それに応じて出してくれる。そして、はずれがない。そして安い!一合500円。半分なら250円。いいですよね。もっと安いのも高いのもあるヨ

立呑 天満 稲田酒店
角打 キャパ 20 人 親父度 90 % 生中 不明 大瓶 不明
10:00~20:30 休み 第2・3土曜 日曜

大阪市北区浪花町6-4


大きな地図で見る

About Take-chan

Administrator of this web site
This entry was posted in おすすめ, 天満, 立呑 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

One Response to 立呑 天満 稲田酒店

  1. Pingback: 立呑 天満 そばちょこ | 各駅停車の立呑屋巡り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。