立呑 今宮 よしのや酒店


ヒロマル」を出て、環状線へ。天王寺から二駅乗って、初めて降りる駅「今宮」へ。環状線ってどこで降りても飲み屋が並んでるイメージやったけど(大阪城公園を除く)、ここは静かな住宅街。店がない・・・ こんな駅で降りて、呑むとこあるんかいな。と思いながら、人通りのない道をフラフラ歩く。めざすは「よしのや酒店」。牛丼一筋300年の吉野家じゃないよ。「よしのや」だよって同じやけど。

駅から道を歩くこと5分。大きな道沿いの酒屋さんが、こちら、よしのや酒店。ちょっと、入るのに勇気がいる感じの酒屋風の店構え。店にはいると、小さめのL字カウンターに、ビールケーステーブルが4つほど。それなりに広いお店。

立呑 今宮 よしのや酒店

立呑 今宮 よしのや酒店

まずは、目の前の日本酒を頼む。銘柄忘れたけど、300円って書いてた。1合300円だからお得だ。辛すぎず、甘すぎず、好きなタイプのお酒。うんまい。加えて、正月のふるまい酒も。アテはまずは数の子で。

よしのや酒店 日本酒とかずのこ

よしのや酒店 日本酒とかずのこ

店のお姉さん、ちょうどいい程度に愛想よく、尋ねるといろいろお酒を出してくれる。目に付いたカニの爪の天婦羅。これもなかなかいい感じに上がっていて美味しい。ビジュアルがええね。

よしのや酒店 かにの爪天婦羅

よしのや酒店 かにの爪天婦羅

二杯目は、冷酒の美味しいのって頼むと、冷蔵庫から出してきてくれた。これもまた美味しい。つまみは、にんにく素揚げ。皮ごと、油にいれて揚げてある。油は、普通のサラダ油だそうだ。油っぽい皮をむきながら、にんにくを食べる。皮は爪楊枝で剥く。そしたら、手が汚れないという。にんにく美味い。あぁ幸せ。口からは殺人光線が吐かれているのだろうが、本人には効かないのだ。電車の廻りの人は死んでるだろうが、知ったことねー。

よしのや酒店 にんにく素揚げ

よしのや酒店 にんにく素揚げ

ここはなかなか居心地のよい、店の人も適度に愛想よく、かといって、馴れ馴れしくもない。お酒も種類はそう多くないようだが、いい感じのものを出してくれる。にんにくの素揚げもうまかったし。なかなか来れないけど、また来たいと思わせてくれるお店だった。

立呑 今宮 よしのや酒店
居酒屋 キャパ 20 人 親父度 90 % 生中 不明 大瓶 不明
16:00~22:00 休み 日・祝

大阪府大阪市浪速区大国3-1-22


大きな地図で見る

About Take-chan

Administrator of this web site
This entry was posted in おすすめ, 大阪その他, 立呑 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

One Response to 立呑 今宮 よしのや酒店

  1. Pingback: 立呑 新今宮 のんべえ | 各駅停車の立呑屋巡り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。