立呑 難波 カナマターク


ミッテラン」を出て、次には目をつけていた「カナマターク」へ。変な名前だが、同じ名前の店ができないように、仲間をもじってカナマ、公園を意味するパークをもじって、タークってつけたそうだ。おもろいネーミングやね。

立呑 難波 カナマターク

立呑 難波 カナマターク

店は入り口の暖簾から落ち着いた小料理屋という感じ。お店は、お姉さまが2人で切り盛り。ビールと、鴨の湯豆腐と島らっきょうを頼んでみる。

カナマターク 鴨肉の湯豆腐

カナマターク 鴨肉の湯豆腐

カナマターク 島らっきょう

カナマターク 島らっきょう

店はいっぱいだが、騒ぐ人もおらず、落ち着いた雰囲気。小料理屋って感じ。鴨の湯豆腐。鴨の出汁が最高に美味い。これはええな。独りか二人くらいで、ゆっくり飲みたい時はホントにおススメのお店。大勢できたら確実に浮くだろうね。

立呑 難波 カナマターク

立呑 難波 カナマターク

名残惜しいが、一杯で、次のお店へ。

立呑 難波 カナマターク
居酒屋 キャパ 15 人 親父度 80 % 生中 390円 大瓶 なし
17:00~23:00 休み 日曜日・祝日

大阪府大阪市中央区難波1-7-15 江戸安ビル中2F


大きな地図で見る

About Take-chan

Administrator of this web site
This entry was posted in おすすめ, 大阪その他, 立呑 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

One Response to 立呑 難波 カナマターク

  1. Pingback: 立呑 難波 しばちょう | 各駅停車の立呑屋巡り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。