立呑 海老江 人見酒店


またもや、環状線を巡る旅に。最初は、環状線「野田」から少しはずれた海老江へ。東西線の海老江駅を降りて、10分ほど歩いて、海老江へ。昔は、海老がいっぱい取れたのだろうか?近くの鷺洲といい、海や川を思わせる地名に思いを馳せてみる。ウソつけ。

立呑 海老江 人見酒店

立呑 海老江 人見酒店

海老江の交差点から、ちょっと入ったところの人見酒店が今日の一軒目。見た目古そうだが、中は綺麗に改装されている。長いカウンターで、大将が一人で切り盛り。酒は、日本酒や焼酎焼酎の銘柄がいろいろ並んでいる。手書きの説明書きなんかもあって、いい感じ。あては、おでんと缶詰のみ。

人見酒店

人見酒店

まずは生ビール、海老江だけに、まずは海老と大葉の団子(もちろんレトルト)そして、カニみそ(もちろん缶詰)、コンビーフ(もちろん缶詰)。正確にはニューコンミートだ。コンビーフは、キャベツを敷いた上に、マヨネーズ。このひと手間が嬉しい。海老と大葉の団子は、大葉の風味がとてもいい、カニみそは実は苦手なんだけど、この缶詰のは美味しかった。コンビーフはたまに食べると美味しい。

生ビールを飲みながら、メニューを物色。活性日本酒「六舟」800円というのにひどく心惹かれる。次元の違う日本酒らしい。立ち飲みにしては高いが、飲んでみることにした。

人見酒店 絶品日本酒 六舟

人見酒店 絶品日本酒 六舟

白く濁っているが、にごり酒ほどどろっとしているわけではない。この日本酒、シャンパンのように炭酸が入っているのだ。シュワシュワした爽快感と、味は旨みが深くて、甘すぎない。確かに次元が違う日本酒だ。いいお酒を飲んでシアワセ。栓をあけるのも、吹きこぼれないように、少しずつガスを抜かないといけないらしい。失敗すると天井まで噴き出すそうな。

立呑 海老江 人見酒店

立呑 海老江 人見酒店

はるばる海老江までやってきたのだが、いい店に出会えてよかった。店主は、忙しいながらも、きちんと対応してくれるし、缶詰のアテも少し手をかけてくれる。生ビール300円は安いし、美味しい日本酒・焼酎もある。ワインもあったかな。近くにあったら間違いなく通ってしまう店だ。また、来よう。

立呑 海老江 人見酒店
居酒屋 キャパ 25 人 親父度 95 % 生中 300円 大瓶 不明
16:00~22:00土20:00 休み 日曜祝日

大阪市福島区海老江3-6-19


大きな地図で見る

About Take-chan

Administrator of this web site
This entry was posted in おすすめ, 大阪その他, 立呑 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

One Response to 立呑 海老江 人見酒店

  1. Pingback: 立呑 野田 酒楽 | 各駅停車の立呑屋巡り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。