立呑 尼崎 下山酒店~ハエ取り紙が下がる昭和な雰囲気の角打ち


丹波屋尼西店」を出て、尼崎方面に歩く。住宅街の中を歩いていると、長屋が見えてくる。ん?ん?なんか雰囲気違う・・・ 部屋がピンクの光で満たされている・・・ガラス張りの奥には、おっぱい大きな綺麗な女の子が微笑んでいる。これって新地じゃん。なんと、しらないうちに、「かんなみ新地」に迷い込んだようだ。尼崎恐るべし。写真はとれなかったので、リンクでご勘弁を

立呑 尼崎 下山酒店

立呑 尼崎 下山酒店

新地を通り抜けてずんずん尼崎方面に歩くと、「下山酒店」が見えてくる。立ち飲みは写真奥の入口から入る。

立呑 尼崎 下山酒店

立呑 尼崎 下山酒店

女将さんと若大将が2人でやっている昔ながらの角打ち。美人な若女将の姿はみえず(忘れてたけど)。広めの店内にL字カウンター。ビールで一息入れながら、アテは肉じゃがにポテサラ。ポテサラうまいね。肉じゃがはちょっと味付けが好みでないかな。美味しいんだけど。

店には、去年のものと思われるハエ取り紙が。昭和だなぁ。 帰り際、和服姿の若女将登場。確かに^^

立呑 下山酒店
居酒屋 キャパ 30 人 親父度 90 % 生中 不明 大瓶 不明
8:30~20:30 休み 月曜日

兵庫県尼崎市神田南通1-3


大きな地図で見る

 

 

 

 


About Take-chan

Administrator of this web site
This entry was posted in 尼崎, 立呑 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

One Response to 立呑 尼崎 下山酒店~ハエ取り紙が下がる昭和な雰囲気の角打ち

  1. Pingback: 立呑 尼崎 神戸東店~商店街の一角の酒屋の角打 | 各駅停車の立呑屋巡り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。