立呑 南方 田中萬酒店~二年前に入れなかった昭和の角打、大将は若いけど


貞寿庵」を出て、またもや阪急電車に乗って、どんぶらこ。南方で降りる。2年前に、ディープで入れなかった店にリベンジだ。経験値もずいぶん積んだので、だいたいどこでも入れるようになった(西成を除く)。成長した自分を褒めよう(それほどのことか?)

立呑 南方 田中萬酒店

立呑 南方 田中萬酒店

南方の駅から少し歩いたところの「田中萬酒店」。見た目は相変わらずの昭和。客はまだ居ないようだ。前回は、常連さんが多数居て、気遅れしてしまったな。サクッと入る。間口の広い細長い店内。乾き物主体で、少しだけ料理もあるようだ。お酒はそれほど種類はないよう。サッポロビールの大瓶と、膾を頼む。久しぶりだな膾。酢がややきついけど、美味しいね。

田中萬酒店 膾

田中萬酒店 膾

前回は、老夫婦がやっていたように思ったが、今日は若い大将。店は昭和な雰囲気でいっぱい。今度は、お客さんが居る時に来てみよう。

立呑 南方 田中萬酒店

立呑 南方 田中萬酒店

立呑 南方 田中萬酒店
居酒屋 キャパ 20 人 親父度 50 % 生中 不明 大瓶 不明
[月~土] 9:00~22:30頃 休み 日祝日

大阪府大阪市淀川区西中島1-14-2


大きな地図で見る

About Take-chan

Administrator of this web site
This entry was posted in 立呑, 阪急京都線 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

2 Responses to 立呑 南方 田中萬酒店~二年前に入れなかった昭和の角打、大将は若いけど

  1. Pingback: 立呑 十三 イマナカ~十三の老舗角打、ある意味スポーツバー | 各駅停車の立呑屋巡り

  2. Pingback: 2013年3月1行ブログ | 各駅停車の立呑屋巡り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。