立呑 寝屋川 優~商店街のはずれのひっそりとした角打風立ち飲み


今日はちょいと飲みたい気分だったのだが、生憎用事があり、遅い上に終る時間がわからない。そんな時は独り飲み。自由気ままにお出かけ。今日は、寝屋川市駅へ。寝屋川市駅は、以前、トライしたものの22時でほぼすべて閉店という寂しい思いをした苦い思い出の駅だ。今日は21時、何とか滑り込もう。

立呑 寝屋川 優

立呑 寝屋川 優

駅から商店街を抜けて、右手につつみを見ながら、商店街を抜けて、道を渡ったところ。年配の客が2人、すいてますね。店内は、大きなL字カウンター、結構入れそうだが、ガラガラ。芋焼酎水割りを頼んでみた。焼酎を、コップで計量して、注いでくれる。なぜだが、氷はセルフで自分で入れる。不思議なシステム。

料理は、簡単なものが中心だが、一通り、酒屋の角打っぽいが、そうではないようだ。この日は、ご飯を食べていたので、トマトスライス。一杯、飲んだら次へ行きましょう。

立呑 寝屋川 優
居酒屋 キャパ 20 人 親父度 100 % 生中 470円 大瓶 440円
休み




大きな地図で見る

About Take-chan

Administrator of this web site
This entry was posted in 寝屋川市~枚方市, 居酒屋, 立呑 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。