滝巡り ~ 日本の滝100選


はじめに

初めての方はこちらを御一読ください。

滝巡り


これまでに行った滝

Myデミオで巡った滝です。★の数の説明はこちら
近畿地方
兵庫県 天滝(滝100選), 原不動滝(滝100選), 猿尾滝(滝100選), 独鈷の滝, 三ヶ谷滝, 筱見四十八滝, 七種の滝
京都府 金引の滝(滝100選), 琴滝
大阪府  
奈良県 笹の滝(滝100選), 不動七重滝(滝100選)
滋賀県  
和歌山県 那智の滝(滝100選)
三重県 蒼滝, 赤目四十八滝(滝100選), 布引の滝(滝100選)
中国地方
鳥取県 雨滝(滝100選), 大山滝(滝100選)
島根県 八重滝(滝100選)
岡山県 神庭の滝(滝100選)
広島県 常清滝(滝100選)
山口県 五竜の滝(滝100選)
中部地方
福井県 瓜割の滝(名水100選)
岐阜県 平湯大滝(滝100選), 養老の滝(滝100選)
長野県 蛇淵の滝, 三本滝(滝100選)
東北地方
秋田県 河原毛大湯滝
青森県 銚子大滝

滝データ

近畿地方
兵庫県
天滝 所在地 兵庫県養父郡大屋町 自然度★★★★★
訪問日 1999/05/23 駐車場 20台 ハードさ ★★★★
TenTaki 情報 日本の滝100選, 落差98m直瀑 滝総合 ★★★★★
アクセス 県道48号を大屋町役場から西に進み、看板に沿って右に曲がり、 しばらく進むと左手に麓の駐車場がある。 ここは100台くらい収容可能。 駐車場の脇の細い道で上に上がる。 ここからは離合不可。 5分ほど車で登ると 登山口の駐車場。ここは20台程度しか収容できない。 ここから20~30分ほど登山道を徒歩で登ると滝に着く。
コメント 落差が大きく。勇壮な滝である。 滝までの約1.2kmの登山道が辛いが、 滝が見えた時の感激もひとしお。 途中には鼓ヶ滝、夫婦滝、糸滝など、 7つの滝がある。 ちょっと無理して岩場をおりていかないと、滝壷までは行けない。 天滝までも小さな滝が続く。

JR八鹿駅から全但バス栗の下行きで50分天滝口下車、徒歩50分。 問い合わせは大屋町観光協会へ。

 
猿尾滝 所在地 兵庫県 養父郡 村岡町 自然度★★★
訪問日 1999/09/11 駐車場 20台 ハードさ ★★
Saruo Falls 情報 日本の滝100選, 落差60m, 段瀑 滝総合 ★★
アクセス R9から県道267を10分ほど、車で登る。駐車場から10分ほど歩くと滝に出る。
コメント 渓流沿いに歩くと下段の滝にでるが、下の滝はあまり趣がない。一応、 これが猿尾滝の由来である猿の尾のような滝とのことだが、 あまりそういう感じはしなかった。 渓流沿いの途中の分かれ道(標識は特にない)を上に登るように進むと 上段の滝に出る。こちらは岩肌を伝うように幾筋にも分かれて、流れ落ちる 滝が見れる。ほとんどの人は下の滝しかいかないようなので、上の滝の方が お勧めなので行ってみるとよい。

どうも護岸工事がされているような感じでイマイチ。

問い合わせは村岡町観光協会へ

 
原不動滝 所在地 兵庫県 宍栗郡 波賀町 自然度★★★
訪問日 1999/09/18 駐車場 50台 ハードさ ★★
HaraFudouTaki 情報 日本の滝100選, \200, 段瀑 滝総合 ★★★★
アクセス R29から、2車線道路に5分ほど入った所にある。駐車場から15分ほど遊歩道を 歩くと滝である。吊り橋がかかり、楽な道であるが、階段は多少ある。
コメント 滝は数段にわかれ、合わせると100mくらいになるのか? 落差の大きい男滝と、小さい女滝が滝壷で一つになる。 滝見用の行き止まりの吊り橋がある。 吊り橋からさらにややきつい階段を5~10分ほど登ると、もう一つの滝見台になる。 上段の滝が見えやすくなるが、苦労の甲斐があるかどうかは難しい所である。

入場料をとるだけあって、吊り橋がかかり整備されている。 周辺はバーベキュー場になっている。

 
独鈷の滝 所在地 兵庫県 氷上郡 氷上町 自然度★★★
訪問日 1999/09/11 駐車場 30台 ハードさ ★★★
DokkoNoTaki 情報 落差20m, 直瀑 滝総合 ★★
アクセス 県道7号から、看板に沿って、県道283号に入って15分ほど。道は走りやすい。 手前の駐車場と奥に参拝用の駐車場がある。 駐車場から15分ほどハイキングコースを歩く滝に出る。
コメント 絶壁を水が落ちる。滝の下流は水が岩板の上を流れてるような感じの渓流になる。 あんまり印象にない。近くに尼寺の岩瀧寺がある。
 
三ヶ谷滝 所在地 兵庫県 宍栗郡 安富町 関 自然度★★★★
訪問日 1999/09/11 駐車場 50台 ハードさ ★★★
SangataniTaki 情報 落差20m, 直瀑 滝総合 ★★★
アクセス R29から整備された県道430を30分ほど北上する。鹿ヶ壷キャンプ場に車を停めて、 ハイキングコースを15分ほど登る。滝までは大した登山道ではない。 滝の上にも名所(名前忘れた)があるようだが、滝を越える辺りから、 前日の大雨のためか倒木多数。道も整備悪く断念した。

別のハイキングコースを登ると鹿ヶ壷という名所に出る。

コメント 壁面を伝うように流れ落ちる滝。壁面は葉っぱで覆われ、なかなか壮観。
 
筱見四十八滝 所在地 兵庫県 篠山市 自然度★★★★★
訪問日 1999/10/24 駐車場 15台 ハードさ ★★★★★
Shinomi48Taki 情報 連瀑 滝総合
アクセス R173から細工所のちょっと北から、看板にそって西に入って、5分ほど。 酒倉の脇の道を山の中に1分で到着。着いたところは小さなキャンプ場になっている。
コメント 48の滝があるわけではなくて、始終(四十)8つの滝が見えるから、 四十八滝だそうだ。詐欺だ!(笑) 滝は手洗いの滝・弁天の滝・肩滝・長滝・しゃれ滝・大滝・二の滝・一の滝の 八つからなる。長滝は落差33mということであるが、いずれも水量が少なく、 小さな滝である。

滝めぐりコースで順に滝を廻るのだが、このコースが非常に険しい。 常に木や岩を手でつかみながら上がるようなところである。 さらに道も定かでないため、迷いそうになる。一番上の一の滝まで約45分である。 登るより、降りる方が辛そうである。滝巡りコースは登っただけで、 帰りは歩きやすい(といっても大きな石が多く歩きにくい)道で降りた。 この帰りの道に出るのも一苦労である。道が分からず、引き返したりしたが、 道を知ってる人に教えてもらいなんとか降りた。

滝を見るというより、山に登りたい人向きである。

 
七種の滝 所在地 兵庫県 神崎郡 福崎町 自然度★★★★
訪問日 1999/10/24 駐車場 30台 ハードさ ★★★★
NagusaNoTaki 情報 直瀑, 落差70m 滝総合
アクセス 県道xxx。福崎市街はかなり狭いので注意。福崎町駅を過ぎると広くなる。

駐車場は野外活動センターに20台。山門に8台。滝近くに5台と別れている。 道はかなり狭いので、離合が難しい。野外活動センターから山門までは 歩いて30分程度かかるので、停めるのは山門又は滝近くが無難。

コメント 七種の滝までに、虹の滝、xxの滝などが連なる。七種の滝は落差大きく壮観だが、 水量が少ない。ちょろちょろと落ちるため、豪快さはなく、優美な感じがする。

梅雨時、雨の後にいった方がいいかも。七種山頂上までの登山コースもあるが、 結構ハードそう。ちょっとだけ登ってみたが、やめて戻った。

京都府
金引の滝 所在地 京都府 宮津市 自然度★★★★
訪問日 1999/05/18 駐車場 10台 ハードさ ★★
KanabikiNoTaki 情報 日本の滝100選, 落差40m, 直瀑 滝総合 ★★★★
アクセス R178の大手川の東側の点滅信号から、大手川沿いに南に向かう。 しばらくは一方通行で、5分ほど走ると北近畿タンゴ鉄道の高架下をくぐる。 その後、最初に右側に見えた橋を渡る。橋を渡ると金引の滝の看板が現れる。 そのまままっすぐ西に進むと宮津高校の脇に出、もう少し進むと三叉路になる。 ここで左に曲がる。看板の文字が消えているので注意。 後は道なりに5分ほど進むと滝に到着する。 滝に近づくと道はかなり狭く、普通車でも離合できないので、注意する。
コメント 落差40mで巾が20mもある。右が男滝、左が女滝とよばれている。 今でも行者の人が来ることもあるらしい。静かな場所にあって涼めます。 冬には滝が氷つく氷瀑が見られるとのこと。その季節にまた行ってみたいものだ。 問い合わせは天橋立観光協会へ。
 
琴滝 所在地 京都府 船井郡 丹波町 自然度★★★★
訪問日 1999/10/03 駐車場 10台 ハードさ ★★
KotoDaki 情報 落差43m, 直瀑 滝総合 ★★★★
アクセス R9を園部から綾部に進む。京都縦貫道の丹波I.C.に入る道の一筋手前の道を入る。 曲がり角毎に看板が出ているのでそれに従って進むと5分ほどで滝に着く。 滝の上に小滝池・大滝池があり、そちらには徒歩または車でも行ける
コメント 滝壷に落ちる直前に岩にあたるのが、なんとなく奥床しい感じがする。 琴を奏でているかのような優しい水音である。 琴滝の由来は流れが琴線のようであるからであるが。

問い合わせは丹波町商工課へ。

大阪府
奈良県
笹の滝 所在地 奈良県 吉野郡 十津川村 自然度★★★★★
訪問日 2000/05/03 駐車場 15台 ハードさ ★★
SasaNoTaki 情報 日本の滝100選, 直瀑 滝総合 ★★★★★
アクセス R168から村道を12km。村道は細い箇所が多数あり。注意が必要。
コメント 延々と続く村道を辿る。駐車場からは歩いて10分ほど滝に出る。 滝壷まで行くことも可能(禁止の立て看板あり)だが、 滑りやすい岩の上を移動するので注意が必要。

激しく落ちる滝の飛沫で濡れてしまうほど。周辺の渓谷も非常にきれい。 滝壷からは一枚岩の上を滑り落ちるように水が流れていく。

 
不動七重滝 所在地 奈良県 吉野郡 下北山村 前鬼 自然度★★★★★
訪問日 2000/05/03 駐車場 5台(登山道)/5台(展望台) ハードさ ★★★★
FudouNanaeNoTaki 情報 日本の滝100選, 段瀑 滝総合 ★★★★★
アクセス R169から林道を8km。林道は細い箇所が多数あり。落石も多く注意が必要。 展望台は駐車場すぐ。滝そばの展望台には徒歩30分の登山道でかなりハードな道のり。 行く価値はある。
コメント 林道はあまり整備されていない。展望台や登山道入り口も「不動七重滝」の看板があるのみであり、登山道の距離もわからない。もう少し整備して欲しい。

登山道入り口は展望台の少し下の看板のあるところ。谷底まで一気に階段で下ると、 滝まで1.0kmの看板がある。ここから約500mが谷沿いの平坦な道。残りの500mが連続する登り坂。かなりハードである。道は鉄製の橋や階段があり、よく整備されている。

激しく落ちる滝壷近くの展望台は行く価値はある。滝壷に降りれないのが残念であるが。

滋賀県
和歌山県
三重県
蒼滝 所在地 三重県 三重郡 菰野町 湯の山 自然度★★
訪問日 1999/10/30 駐車場 70台 ハードさ ★★
AoDaki 情報 落差15m, 直瀑 滝総合 ★★
アクセス R477から県道577に入る。湯の山温泉を抜けて、看板に沿って、川を渡って、 3分ほど細い道を登ると駐車場に出る。ここから歩いて10分程度で滝につく。
コメント 落差は15m程度。白っぽい岩を水が落ちていく、水量豊富でなかなか壮観。 滝壷傍に土産物屋が出ているのがイマイチ。
 
赤目四十八滝 所在地 三重県 名張市 自然度★★★★
訪問日 2000/02/13 駐車場 30台,\900 ハードさ ★★★
Akame48Taki SenjuTaki 情報 日本の滝100選, 連瀑 滝総合 ★★★
アクセス R165から県道に入る。いくつか駐車場があるが、いずれも\800程度と高い。 温泉ついでに対泉閣に停めたが、滝に行く場合は \900取られてしまった。
コメント 下流から行者滝・霊蛇滝・不動滝・乙女滝・千手滝・布曳滝・陰陽滝・姉妹滝・笄滝・雨降滝・斜滝・荷担滝・雛段滝・琵琶滝・岩窟滝と数々の滝が並んでいる。 ただ、滝とはいえないようなモノもあったが・・・ 一番奥までいくのはチケットには片道120分とある。 多分、実際には90分くらいで行けると思う。

時間がなかったので、陰陽滝までしか行かなかったが、今度行くときは最後の岩窟滝まで行こうと思った。

赤目温泉もすぐ近くにあるので、 滝見ハイキングの後は温泉へ。

 
布引の滝 所在地 三重県 紀和町 自然度★★★★★
訪問日 2000/05/02 駐車場 5台 ハードさ ★★
NunohikiNoTaki 情報 日本の滝100選, 段瀑 滝総合 ★★★★
アクセス R168から県道740号、林道で滝に到着する。林道は細く、離合しにくい場所多数あり。 駐車場は滝からさらに上にあがったところ。 滝周辺は道がやや太いので2、3台なら路駐可。
コメント 深い山の中にしっとりと注ぐ滝。まさしく布を曳いたような滝である。 激しさはないが、静かな雰囲気が気持ちよい。滝壷は深い青色でとてもきれい。 5分ほど階段を降りると滝壷に辿り着ける。

上の展望台からでも段瀑の最上段の滝は岩陰に隠れてみえないのが残念。

中国地方
岡山県
神庭の滝 所在地 岡山県 真庭郡 勝山町 自然度★★
訪問日 1999/10/09 駐車場 50台 ハードさ ★★
KanbaNoTaki 情報 日本の滝100選, 落差110m, 直瀑,\300 滝総合 ★★
アクセス R313から県道201を10分ほどで駐車場に到着。滝までここから遊歩道を10分ほど歩く。
コメント 猿が餌付けされていて、時間・季節によっては、滝周辺に現れるらしい。 私が行ったときは、残念ながらいなかった。

滝に行くまでに、「鬼の穴」という洞穴がある。ここは登り口から約15分階段を 登り続ける。行った割にしょぼいので行かない方がいいかも。

「玉垂れの滝」というのが渓流沿いのある。 岩から玉のように水滴が垂れ続けるというちょっと変わった滝。 神庭の滝そのものよりもこっちのほうが気に入ってしまった。

遊歩道の最後が神庭の滝。水量は豊富で、落差も大きい。 周辺が整備されすぎてしまって滝としてはちょっとおもしろくない。 開けすぎてしまっている。 お金を取るだけに、整備がすすんでしまいすぎたという感が否めない。

鳥取県
雨滝 所在地 鳥取県 岩美郡 国府町 自然度★★★★
訪問日 1999/9/18 駐車場 10台 ハードさ ★★
AmaDaki 情報 日本の滝100選, 落差30m, 直瀑 滝総合 ★★★★
アクセス R29から県道39、新井から県道31。 県道31から別れた舗装路を車で15分ほど登る。集落が点在し、普通の道である。 車を降りて5分ほど歩くと滝に出る。

県道31号の雨滝からR9へは難所。路肩弱く。離合不可。かなり細い。 運転に自信がなければやめた方が良い。冬期は閉鎖される。 知らずに入った私はかなり怖い思いをしました^^;

コメント 雨のように降り注ぐ滝。落差は30mくらい?斜面から飛び出すように 降り注いでくる。滝壷に行くには小さな岩場を越える必要があるが、何とかなる。 側には布引の滝、上流にも滝がある。私が行ったときは上流への登山道は閉鎖されていた。
 
大山滝 所在地 鳥取県 東伯郡 東伯町 自然度★★★★★
訪問日 1999/10/09 駐車場 70台 ハードさ ★★★★
DaisenDaki 情報 日本の滝100選, 落差??m, 段瀑 滝総合 ★★★★★
アクセス R313で関金から県道45、県道44。いずれも2車線の走りやすい道。 県道44から脇道を約10分奥に入る。途中離合不可の場所もある。 谷の中の一本道をつきあたりまで行くとキャンプ場になっており、 ここに車を停める。ここから徒歩45分の登山道を歩く。

登山する人はキャンプ場の事務所に届ける必要があるが、 滝まで行く場合も必要かどうかは不明。 私は届けませんでした。(勿論責任もちませんよ)

コメント
広島県
常清滝 所在地 広島県 双三郡 作木村 自然度★★★★★
訪問日 1999/10/10 駐車場 30台 ハードさ ★★★
JouseiDaki 情報 日本の滝100選, 落差126m, 直瀑 滝総合 ★★★
アクセス R54から県道62便坂トンネルをぬけ、作木村役場裏に駐車場があり、 そこから歩いて15分で滝につく。
コメント マムシが出るとかクマが出たとかそんな看板が立ち並びちょっと恐い。 クマまで出るとは・・・。

滝はガタガタの壁面を水がつたい落ちていて、静かな滝である。 派手さはないが、奥床しい滝という感じがする。

島根県
八重滝 所在地 島根県 飯石郡 掛合町 自然度★★★★★
訪問日 1999/10/10 駐車場 30台 ハードさ ★★★★
YaeDaki 情報 日本の滝100選, 連瀑 滝総合 ★★★★★
アクセス R54から細い道に入って3分。 駐車場から滝がいくつかあるが、最後の八汐滝までは徒歩30分程度かかる。
コメント 猿飛滝・滝尻滝・紅葉滝・河鹿滝・姫滝・姥滝・八塩滝・八汐滝の8つの滝の総称が八重滝。猿飛滝は駐車場より下流にあるので、行かなかった。

駐車場を出て最初にあるのが、滝尻滝。岩の細い隙間を水が一気に流れ落ちる滝である。 流れ落ちる寸前の水が怒りをたたえているかのようにうごめいていた。

その後は紅葉滝・河鹿滝・姫滝・姥滝と小さな滝が続く。 姥滝は、水が落ちた先が岩になっており、 その岩にぶち当たる水のダイナミックな動きがきれい。

最後が、八塩滝、八汐滝の二つで形成される段瀑である。落差は合わせて30mくらいで、 水量が大変豊富で水が流れ落ちる様は非常に美しい。

起承転結のある滝である。「起」が滝尻滝、 「承」「転」が紅葉滝・河鹿滝・姫滝・姥滝、 「結」が八塩滝・八汐滝。大変気にいった。

山口県
五竜の滝 所在地 山口県 玖珂郡 錦町 自然度★★★★
訪問日 1999/10/10 駐車場 50台 ハードさ ★★★
GoryuuNoTaki 情報 日本の滝100選, 連瀑 滝総合 ★★★★
アクセス R186からR434で松の木峠越えで寂地峡キャンプ場。 松の木峠は1車線で、すれ違える箇所が多いので、 それほど辛くはないが、峠越えなので注意が必要。駐車場から10分ほどで滝の下に到着。一番上の竜頭の滝へはきつい階段を10分ほど上がる。
コメント 7つの滝の総称が五竜の滝である。
中部地方
福井県
瓜割の滝 所在地 福井県 遠敷郡 上中町 自然度★★
訪問日 1999/10/03 駐車場 50台 ハードさ
UriwariNoTaki 情報 名水百選,落差1m(?) 滝総合
アクセス R27から1分。
コメント 滝というより、おいしい水が湧くところである。水が湧く先が小さな滝になっている。 水を汲むには\200(?)のシールを買わないといけないが、一回買えば何度でも使える。

名前は瓜が割れるほど冷たい水が湧くというところから名付けられたそうだ。

岐阜県
平湯大滝 所在地 岐阜県 吉城郡 上宝村 自然度★★
訪問日 2000/08/03 駐車場 30台 ハードさ
HirayuOotaki2 情報 落差50m(?) 滝総合
アクセス R158から平湯大滝への道に入り5分車を停め、徒歩1分。
コメント 滝のすぐ傍まで車で入ることができる。遠くから見る滝はきれいだが、 周りが開けているのでイマイチ。滝壷までは近寄れない。周囲の岩はかなりもろそうで、崖崩れとかありそう。
 
養老の滝 所在地 岐阜県 養老郡 養老町 自然度
訪問日 1999/10/03 駐車場 50台,\1000 ハードさ ★★
YourouNoTaki 情報 日本の滝100選, 落差20m, 直瀑 滝総合
アクセス R365から県道56。養老公園という麓の公園に車を停めて、徒歩またはリフトで 上に上がるか、滝そばまで車で上がることもできる。後者の場合は駐車場が\1,000 と高いので注意。山道を10分ほど登っていくので、運転にも注意が必要である。
コメント まず、駐車場が高いので 「?」と感じた。 駐車場からの濃尾平野の眺めはなかなかよい。 駐車場から滝までは歩いて10分ほどだが、土産物屋が並ぶ。 さらに滝壷には工事中の柵。滝は水量は豊富だったが、 落差は20mほどでなんだか有名な割にイマイチすぎる。

あまりお勧めできないです。

長野県
蛇淵の滝 所在地 長野県 下水内郡 栄村 自然度★★★★
訪問日 2000/07/31 駐車場 10台 ハードさ ★★
JabuchiNoTaki 情報 落差10m(?) 滝総合
アクセス R405沿いの駐車場に車を停め、徒歩5分。
コメント R405で切明温泉を目指していたときに、看板があったので立ち寄った。 滝壷まで行けるかと思ったが、実際行ってみると、 かなり離れた展望台までしか行けず、残念だった。 あまり大きな滝ではない。

付近は山間の集落で苗場山が美しい。

 
三本滝 所在地 長野県 南安曇郡 安曇村 自然度★★★
訪問日 2000/08/03 駐車場 100台 ハードさ ★★★
SanbonDaki5 情報 落差30m, 日本の滝100選 滝総合 ★★
アクセス 県道84号沿いの三本滝駐車場に車を停め、ハイキングコース徒歩20分。
コメント 3つの滝が寄り添うような滝。右に隣あった2本。左に1本。 なかなかきれい。左の滝の方が水量が多くて、立派な感じ。 右側は岩面を滑り落ちる感じだった。

コースも整備されていて、人が多かった

東北地方
秋田県
河原毛大湯滝 所在地 秋田県 湯沢市 自然度★★★★★
訪問日 1999/07/30 駐車場 15台 ハードさ ★★★
KawarakeOoyuTaki 情報 落差15m, 直瀑 滝総合 ★★★★
アクセス R13から県道51で三途川渓谷に。看板に沿って、細い道に入る。 離合不可の道で約10分で駐車場に到着する。滝へは登山道を約15分歩く。
コメント 昔の鉱山跡で、 硫黄臭が立ち込め、斜面からは水蒸気が立ち上っている。 駐車場直下の川はすでに温泉となっているが、ちょっと熱い。

温泉としてちょうどよいのは滝のところで、湯が滝となって流れている。 硫酸性の湯ということで、目に入るとしみる。滝としては小振りながらも、 温泉の楽しめる滝というのは捨て難い魅力である。

青森県
銚子大滝 所在地 青森県 上北郡 十和田湖町 自然度★★★
訪問日 1999/08/01 駐車場 3台 ハードさ
ChoushiOotaki 情報 落差5m, 直瀑 滝総合 ★★★★
アクセス R103奥入瀬渓谷沿いの滝。駐車場がないので、道路脇の小スペースに車を停めるしかない。滝の脇に3台程度は停められる。
コメント 落差は小さいが、ちょうど雨の直後で、水量が豊富で、迫力があり、恐いくらいであった。 周辺の鬱蒼とした渓谷美とあいまって、なかなか美しかった。 紅葉の季節に見てみたいものだ。


Email Home