このブログについて

Share on Facebook

このブログは、2010年11月に初めて立ち寄った立呑屋(東京 八丁堀 まる)を皮切りに、立呑屋巡りにはまり込んだボクが訪ねていった店の印象を書いています。書き溜めていたものを、一部改変しながら、ブログ化しています。

立呑屋のよさは、「安さ」、「気軽さ」、「楽しさ」です。お小遣いの限られているボクには、せんべろになれる安い立呑屋はやはり堪りません。軽く一杯のつもりで一人で立ち寄れる気軽さがよいです。カウンターに立って、隣の客、カウンター越しのお店の方と話すのも楽しいものです。一軒、1,2杯で、何軒も廻るのもとても楽しいです。

立呑屋を巡っているうちに、大阪のどの駅で降りても、知ってる立呑屋があることを目指してみようと思い、このタイトルになっています。とはいえ、仕事も忙しいので、家から近い京阪沿線や、環状線沿線しかなかなかいけませんが、全駅制覇を目指して、立ち呑んでいます。

印象を書いていますが、偏見もありますし、あまり悪いことは書かないようにはしています。気を悪くされた場合、事実と違う場合はご一報頂ければ修正を考えます。住所や価格も誤っている場合、古い場合があるかとは思いますが、ご容赦ください。

基本的には、こぎれいな(古くてもいいのです)お店、店と客が楽しんでいるお店、安いお店、日本酒があるお店が好みですので、そういったお店はおススメしていたりします。

どうぞよろしくお願いします。

このブログで使われている変な言葉など

  • せんべろ 千円でへべれけに酔うこと
  • へべれけ 記憶をなくすほど酔うこと
  • 角打 酒屋の一角で呑むお店。このブログでは酒屋直営のお店を角打としています。
  • 立呑 椅子がない。あっても数脚で基本的に全員立っているお店。
  • 立呑(椅子有) 椅子が結構あるが、全席分はないお店。
  • 立呑? 看板には立呑とあるのに、全席椅子があるお店。あまり好きではありません。
  • 呑み屋 椅子が全席ある普通のお店。
  • 親父度 お客の男性比率です。たまたま行ったときの比率なのであてにはなりません。
  • キャパ 収容人数を酔っ払いの感覚で書いています。
  • 住所など 食べログなどから転記しています。
  • お姉さん 10代から50代の女性はみなお姉さんと書いています。たまに若いとお姉ちゃんになることも。
  • 女将 店の女主人、店員のこともある。
  • マスター・大将 店の主人、店員のこともある。
以上が、主目的なのですが、最近のweb事情の勉強も兼ねて、いろいろ勉強する意味もあります。ブログサービスを使わず、サーバーを借りて、wordpressでこのブログを運用しながら、html5, xhtml,  css,  php,  javascript, mysql などの勉強も兼ねて、固定ページは凝ったことをしようとしています。まだ、呑み屋地図くらいしかありませんが、おいおいデータベース連動で php が生成する動的なページを作る予定です。

Share on Facebook

このブログについて への2件のコメント

  1. みかん より:

    お久しぶりです。なぜかしばらくこのブログを拝見できなかったのですが…
    今年の夏は東京に行きまして、このブログで知った蒲田の「レバーランド」に行きました。
    これからも楽しみにしております。また上本町で(もしくは何処かで?)ご一緒した時はよろしくお願いいたします^^

    • ジムシィ より:

      みかんさん 最近、いろいろ忙しかったりして、更新とまってます。いろいろリニューアルとか考えてしばらく閉じてました。結局リニューアルできてませんけど・・
      どこかでお会いできるといいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。